能力開発コース:ネイティブ英語コース【沖縄】

無題en01
まで日本の英語教育は、文法や読み書きを中心に指導されてきました。文法には強くなったものの、話したり、聞き取ったりすることが苦手な子供が増えてしまい、その結果、日本は他のアジア諸国から英語力において差がつけられている状況です。「読む」「書く」の2技能のみではなく、4技能「聞く」「読む」「話す」「書く」の必要性が高まる中、2020年以降小学校でも英語の教科化が進み、大学入試においても4技能型英語試験が導入される予定です。英語教育に求められるレベルはより実践的なものへと変わってきています。中学入試の世界でも、すでに首都圏を中心に、英語を試験科目として課している中学が増加しています。
b

ガゼットでは、それら新時代の英語力の観点を重視し、単なる楽しい英会話ではなく、英語本来の学ぶ楽しさは前提にしつつも「中学入試後も引き続きだいがく受験に役立つプログラム」をカリキュラムに取り入れ、遊びではない、受験を意識した「ネイティブ英語コース」を新規開設致します。英語教育に信頼・実績ある「シェーンコーポレーション」監修の教育プログラム、PCを活用した学習アプリとネット留学形式の「Meet the World」をセットとし、「ネイティブ教員によるリアルレッスン」+「学習アプリ」+「ネイティブ オンライン レッスン」を総合的に取り入れました。十分な学習量とアウトプット(表現する)の機会の確保及び英語で発信するためのトレーニングを行うことで、「受験に対応できる英語力」を身につけることを目的としています。

en02

英語学習のはじめ方:早い時期に英語に親しみ、英語をつかう

英語を苦手としている中学生は半数以上。そのうち大多数が、中学1年生の間までに英語を「苦手」と感じています。英語嫌いになるのは「英語を覚えないといけない科目と認識」するからです。英語を全て覚えるのは不可能で、真面目な子でも英語嫌いになる可能性があります。    「英語は楽しい」「英語が大好き」「英語が伝わる」と思ってもらうことは英語を学ぶ前提条件として、とても重要であり、脳や耳の柔軟性が高い小学生のうちから始めることをお勧めします。

母国語習得と同じプロセスで学ぶ

4技能の向上を目指すうえで、学習者が最初から発音を正確に聞き分けたり、英語を流ちょうに話すことができるわけではありません。英語をコミュニケーションツールとして身につけるためには、段階を追ったプロセスがあり、それをくり返していくことで、少しずつ高度な言語活動としての英語を使えるようになると考えています。c

オンライン英語コースの特長

STEP① 学習アプリで楽しみながら英語をインプット!

d

STEP② オールイングリッシュでアウトプット!オンラインライブレッスン!

ef

STEP③ オリジナルテキストで・CDでさらに定着!

gお子さま一人ひとりのレベルにあったテキスト・CDを用意しています。学習アプリライブレッスンで学んだことを復習できる内容になっているので、しっかり予習・復習をして次回の授業に備えましょう。

h

【開講教室】
(シェーン英語:リアルネイティブレッスン
)新都心・浦添・中部教室にて開講 (Meet the world:オンラインレッスン)ガゼット各教室にて開講

【対象学年】 小3~小6

お問い合わせ・お申込みはこちらから。